2017年09月18日

『蜂蜜と遠雷』 恩田 陸著 幻冬舎 16/09

mitubati.jpg 「チョコレートコスモス」と同じテイストの作品で、久しぶりに活字をむさぼり読む楽しさを味わいました。ピアノコンクールが舞台なので競い合うピアニストたちのバックグラウンドが徐々に明らかにされていくのも面白いし、ピアニストたちの誰もが魅力的なのでみんなに決勝に残ってほしくてハラハラしながら読み進めました。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たないが、巨匠が認めた実欲の持ち主・風間塵15歳。母の死によりピアノが弾けなくなり、長らくコンクールから遠ざかっていた栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性と整った顔立ちで多くのファンを持つ名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
 音楽を文字で表現した恩田さんの圧倒的な筆力、さすがです。読み終えるのがもったいない本でした。
posted by のん吉 at 23:17| Comment(0) |  ●骨太小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ブリューゲルの家族 幸せをさがす二十五の手紙』 曽野 綾子著 光文社文庫 97/10

 ブリューゲルの.jpg過去に何度も読んだ本ですが、国立国際美術館に「バベルの塔展」を見に行くにあたって、再び手に取りました。
たくさんのブリューゲルの作品に出会えると同時に、ブリューゲルの絵の中に自分たち家族の物語を見出す妻の物語でもあります。このお話に出てくる無理解な夫は、私のよく知ってる誰かさんにそっくりでいつもなぞらえて読んでしまいます。肝心の「バベルの塔」のページでは、四階の宗教行列のことにふれていました。虫眼鏡でみないとわからないくらいの人間がなんと1400人ほど描かれていることは、今回の展示を見に行って初めて知りました。原作本を読み、映画をみてまた本を読むと深く読み取れるのと同じように、展示を見て再び本を読むとバベルの塔の面白さが一層際立って感じられるようになりました。
posted by のん吉 at 22:01| Comment(0) |  ●人生に迷ったら… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大丈夫!キミならできる!』14歳の世渡り術 松岡 修造著 河出書房新社 12/08

松岡修造.jpg 「熱血!」が代名詞となっている松岡さん。でも本当の松岡さんは恥ずかしがり屋だし、消極的で心もそんなに強くなかったそうです。だからこそ、どうすれば強くなれるのか、どんな自分になりたいのかを真剣に悩んで、失敗や挫折を繰り返して今の自分を作ってきたそうです。性格は変えられないけど心は変えられる。「心=気持ち」です。気持ちを変えれば、行動や発言が変わってくる、そうやって「積極的な自分」を作り出してきました。
 そんな彼からの具体的でわかりやすいメッセージがたくさん紹介されています。日記を書いて自分の心を整理すること、「禁句ルール」を作ってあいまいな返事をしないこと、「できる!ガンバ!」と自分で自分を鼓舞し、消極的な言葉は使わないこと、自分の中に鬼コーチを持つこと。
 彼自身は自分の中に「鬼コーチ」を持つことができず、強制的に自分を追い込むために慶應義塾からテニス部が日本一厳しい福岡県の柳川高校に転校したそうです。そしてそこからさらに高3でテニスを本格的に学ぶべくアメリカに渡ったそうです。そのことを彼はこう記述しています。「アメリカではテニスをするための最高の施設、いいコーチ、いい選手とすべてが用意されていたけれど、自分でこうしたいという意見を言わない限り、何も動かない場所でした。自立して、決断して、自分を主張しなければただそこにいるだけ。辛くて厳しい柳川高校のテニス部は、なんて楽な場所だったんだろうとアメリカに行ってから思うようになりました。」
 「何をするにも”自分の意志”が入っていなければ本物にはなりません。勉強でもスポーツでも、がんばっているフリをしている人はたくさんいます。がんばっているフリをすれば、その場はラクして切り抜けられます。でも、誰のために、何のために、がんばるのかという根本からは遠ざかっていきます。フリをすることは自分にとっていちばんのマイナスだと気づいてください。」とても読みやすく心に響くメッセージでした。
posted by のん吉 at 21:40| Comment(0) |  ●こんな生き方がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

『鉄の骨』 池井戸 潤  講談社文庫 11/11

 tetu.jpg建築業界いわゆるゼネコンの談合をテーマにした小説。入社4年目の富島平太が現場から業務課に配属され、今まで知らなかった”談合”の世界に巻き込まれていく。新人の視点でストーリーが進んでいくので、ゼネコンやら談合の話が素人にもわかりやすく、どんどん話に引き込まれて行きました。談合は悪なのか?そりゃ安いに越したことはないでしょうが、あまりに価格勝負にすると、下請け企業が泣きをみることになる。この話のように画期的な方法でコスト削減の切り札が見つかれば、受注先も下請けもゼネコンも儲かり三方よしに収まるでしょうが、そんなことはなかなかない。「必要悪」と「正義」、「企業間の生き残りを懸けた闘い」と「業界全体の利益」が、矛盾しながら成り立っている中で、登場人物のそれぞれが苦悩しながら自分の歩む道を模索しているところにとても好感が持てました。いろいろなしがらみができると、自分だけ「白」ではいられない。そんな中でも、自分なりの矜持を持って、覚悟して突き進むしかない。それが正しい道だと信じて――。
 久しぶりに読書に没頭することができました。おすすめです♪
posted by のん吉 at 21:51| Comment(0) |  ●骨太小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

『下剋上受験』  桜井 信一著  産経新聞出版 28/12

下剋上受験.jpg副題「両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した!」
 ドラマですっかり有名になったお話ですが、本で読むと新たな発見がたくさんありました。このお父さんの情熱と娘に後悔させたくないという親心と受験に挑む気迫は、並大抵のものではありません。「一緒に学ぶ姿勢が大切」とはよく聞きますが、それをこのレベルでやりとげたお父さんは本当に驚異としか言いようがありません。娘に説明できるように徹夜してでも毎日前夜に問題を解いて予習する姿勢、疑問に思ったことを塾に問い合わせて解決していく姿勢、知人の学生を巻き込んでイメージしやすいように問題を書き換える+イラストを書いてもらう、過去問の出題に線をひいてインデックスをつけてもらう、企業で使うレベルのコピー機をレンタルしてどんどん問題をコピーする……。単に詰め込むのではなく、「なぜそれをするのか」「どうすれば最も効率があげられるのか」徹底して考えて、必要なものには投資し、娘に懇々と「なぜ勉強してほしいのか」「なぜ桜蔭学園を目指すのか」「なぜミスをしてはいけないのか」を丁寧にかつ情熱的に訴え続けたからこそ、佳織さんも途中で投げ出さずに最後まで頑張りきることができたのでしょう。受験3か月前くらいから、鬱になり、精神安定剤が手放せない状態になりながらも娘を応援し続けるくだりは涙なしでは読めません。
 そして、桜井さんは受験により、最難関レベルに到達する子は、知識を得るときにも整理しながら収納していること、つまりアウトプットのためにあるインプットだということを理解していて、そこにストレスを感じない子であることに気付いたと書いていらっしゃいます。そして一番難しくて、大切なのは、「やる気にさせること」だとも。
 佳織さんは、学校が楽しいそうです。それは学ぶ内容が理解でき、知らないことを知ることが楽しいいうことを実感しているからだと思います。そういう心持ちに突き抜けられたのは、過酷な受験勉強をやりきったからでしょう。教育の本質についていろいろと教えてもらえる本でした。
posted by のん吉 at 00:44| Comment(0) |  ●こんな生き方がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

『戦国鬼譚 惨』 伊東 潤著 講談社 10/05

戦国.jpg「惨」を辞書で引くと、〈むごたらしいこと・痛ましいこと〉と出てきました。まさに、戦国時代ならではの、痛ましい決断、壮絶な生きざまが短編の中にちりばめられています。5作品入っていますが、すべて信玄亡き後、斜陽に傾く武田家に仕えていた武将・武士たちが主人公のお話です。御屋形様への恩義から最後まで共に戦うか、織田家に寝返るか……。家臣・領民すべての暮らしと命がかかっているだけに、趨勢をにらみながら判断に苦しむ様子が見事に描かれていて、息をのみながらページをめくりました。
 一番印象に残ったのは、一話目の「木曽谷の証人」。武田家に仕える木曽家当主である兄義昌は、母と息子・娘を人質にとられていることもあり、最後まで武田家に仕える所存だ。勝頼に不信感を持ち、木曽家が生き残るには織田に寝返るしかないと考える弟義豊は、誠意を尽くして兄を説得するが、どうしても首を縦に振らない。その理由の一つに、夫婦睦まじく子供たちも手元で育てている自分に対する嫉妬心もあることを知った義豊がとった最後の手段があまりにも辛い決断で胸をえぐられます。
 ほかにも、「表裏者」など、陰謀と策略の中での生き残りをかけた攻防など、見ごたえがあります。
posted by のん吉 at 22:07| Comment(0) |  ●何度も読み返したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

『リセット』 垣谷 美雨著 双葉文庫 10/12

リセット.jpg 子育てに一息ついた知子、独身キャリア組の薫、波乱万丈の転落人生を歩む晴美の3人は、高校時代の同級生だ。久しぶりに故郷から遠く離れた東京で出会い、「高校時代から人生をやり直したいよね」という一点で意気投合し、〈遠来の客〉という偶然入ったレストランでそのチャンスを得る。タイムスリップして気が付くと3人は高校生に戻っていた。47歳の心を持ったまま高校生の容姿と生活を得た3人は全く別の人生を歩むことを誓い、知子は独身のまま女優の道へ、薫は高校時代の同級生と結婚を、晴美は裕福な医者と結婚して子供を設ける。ところが、人生はやはり思い通りにはならないもので、別の人生を選んでもhappyとは言い切れない3人は、再び〈遠来の客〉に集合。ところが人生はあと一回しかリセットできないことを知る。47+13=60。すでに60年人生を生きている3人は、どのような決断を下すのか……。
 「人生をやり直せたら」という命題は、誰もが必ず考えたことがあるテーマだと思うので、とても楽しめると思います。
posted by のん吉 at 12:18| Comment(0) |  ●手軽に読める一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

『羊と鋼の森』 宮下 奈都著 文藝春秋 15/09

羊と.jpg 最初の10ページで物語から目が離せなくなりました。なんと繊細な言葉を、なんと深みのある言葉を、なんと真摯な言葉を紡いで一つの物語を書きあげているのでしょう。何度か出てくる原民喜の言葉がそれを象徴しています。「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」……この言葉は、主人公の外村が目標としているピアノの調律の形なのですが、まさに著者の宮下さん自体がこのような文体を目指してこの物語を書き上げたような気がします。小川洋子さんの『猫を抱いて象と泳ぐ』(チェスの少年の話)の文体とよく似ている気がしました。
 タイトルの「羊」とはピアノの弦をたたくハンマーのこと。フェルト(羊毛)でできていて、羊は「美しい・良いもの」の象徴という語源があります。「鋼」はピアノの弦のこと。よい腕の調律師さんが調律したピアノは、まるで深い森を歩いているかのような音の景色を奏でます。どんな森を歩くのか、どのように歩くのか、誰に歩いてもらいたいのか、調律とはHz(ヘルツ)を正しく合わせるだけではなく、森や夜やさまざまな美しいものを、音楽を、それらの輝きを引き出すものでした。
 私のつたない文章では表現できずとても残念なのですが、この本の醍醐味は静謐で緻密で美しい文章にあります。「本当に上質の小説は、ブックトークなどできない。やはり本の魅力は、自分で読んでこそ味わえるものなのだ。」と強く感じさせられた本でした。早くも今年の読書bPになりそうです。
posted by のん吉 at 23:18| Comment(0) |  ●何度も読み返したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

『キリン』  山田 悠介著  角川文庫  13/16

kirinn.jpg これも中学生のビブリオバトルで紹介されていたので手にとりました。
優秀な子供がほしい女性のために、ジーニアスバンクという企業が優生学を利用して、条件のよい男性の精子をオークションで売りに出します。なんのとりえもなく軽い扱いを受けることが多い厚子は、これを利用してこれまで自分をバカにしてきた人たちを見返してやろうと、「クローバー113」を75万円で落札。それは"長身痩躯の美男子。超一流国公立大卒業。IQ180を超える天才数学者。運動神経も抜群。フィールズ賞を受賞。年収2000万円"と謳ったものだった。厚子は妊娠し出産。秀才と名付け、英才教育に力を入れる。その結果、自分に懐かず冷たい性格ではあるものの、小学3年生で大学生の数学が解ける天才児になる。しかし、顔は自分に似たのか不細工だった。そこで、もう一度オークションに参加し、今度は「ハート333」を200万円で落札。こちらは"抜群の顔立ち。人格者。ノーベル化学賞受賞者"と謳っていた。厚子は再び出産し、麒麟児にあやかろうと「きりん」と名付ける。この子も賢く順調に成績を伸ばしていたのだが、ある日成長が止まる。小6までの問題は完璧に解けるのに、中学生の問題は全くお手上げなのだ。おまけに背中にきりんのように縞模様のあざがたくさん浮き上がってきた。
 厚子は価値がなくなったきりんを邪険に扱い、秀才だけをかわいがる。さらにジーニアスバンクが失敗作を引き受けて教育する全寮制の学校にきりんを預け、ほったらかす。きりんはどんな扱いをうけても厚子と秀才を慕い、学校で黙々と絵を描き続ける。やがて、秀才にも異変が起き、ジーニアスバンクの恐ろしい陰謀がわかり……という内容です。
 山田さんは相変わらず状況設定がうまく、つかみが抜群です。でもわざとかもしれませんが、厚子も秀才もきりんも性格が単純すぎて人間味が感じられません。天使のような子の中にも不安やどす黒い感情が渦巻くことがあるでしょうし、冷たい人間にもやさしい一面や同情すべき点がある。「楽しい」「悲しい」と書かずにその感情を表現するのが小説の奥深さだと思っている昔人間には、ちょっと残念な気がします。かといって自分が書けるわけではないんですけどね。あ、それと表紙のお兄ちゃんはもっと不細工に書かなくっちゃ!
posted by のん吉 at 14:59| Comment(0) |  ●手軽に読める一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『?(疑問符)が!(感嘆符)に変わるとき  新聞記者、ワクワクする』 小国 綾子著 汐文社 14/10

gimonn.jpg 大阪府の中学生のビブリオバトル≪本選≫で紹介された本です。「作者である小国さんは、新聞記者の仕事が大好きでたまりません。しかし息子さんが小3になった時に、ご主人のアメリカ転勤が決まります。みなさんは小国さんの立場だったらどうしますか、仕事を辞めてついていきますか、それとも日本に残りますか?……(手をあげさせる)はい、ありがとうございました。小国さんが出した答えは、仕事をやめてついていく、でした。それは〈迷った時にはやったことのない方を選ぶ〉ということを信念としていたからです。」そんな形で聴衆を巻き込んで始まったビブリオバトル、これは読んでみるしかないでしょう(笑)。

 しかし読んでみて、お〜いっと突っ込みたくなりました。なぜなら小国さんの会社は、子育てを理由に退職した社員は、正社員として再雇用の道を開くという制度がある会社ではありませんか。しかも旦那さんのお仕事も新聞記者。それじゃ、数年で日本に戻れるに決まってるじゃん!というわけで、「すごい勇気ある決断!」と思った選択肢が、バトラーの説明不足という”ケチ”がつきましたが、そんなことでこの本の面白さは損なわれません。いいところは、小国さんがとても前向きな性格であること。どんな時にも、行動する、とことん突き詰める、面白がるという3拍子で、学生時代にも一年間バックパッカーとして旅行しています。そして新聞記者になってからも警視庁担当記者の朝駆け宵討ちの辛い経験で相手の言葉の真意をつかむ極意を知り、産後うつになりそうなときは育休を利用して生後6か月の赤ん坊と3か月間スペイン旅行をし、その経験で本を出版しました。この転んでもただでは起きない性格は、どの業界にいっても通用しそうです(笑)。「赤ちゃんがいるからできないことではなく、赤ちゃんがいるからこそできることを探そう。」「会社は辞めるけど仕事はやめない」
「ヒラリー陣営のボランティアもオバマ陣営のボランティアも両方やってみる(前の大統領選挙時)」という姿勢もとても素敵です。また、新聞記者さんが自分の書く記事で扱う「言葉」と「表現」に細心の注意を払っていることも伝わってきて、彼女の他の本も読んでみたくなりました。これから、将来の進路を考えていく中高生にとくにお薦めします!
posted by のん吉 at 14:33| Comment(0) |  ●こんな生き方がある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『天下人の茶』  伊東 潤著 文藝春秋 15/12

tennka.jpg茶の湯文化を創出した「千利休」と、その弟子たちの生き様を描いた短編小説です。
もちろん小説ですので憶測でしかありませんが、「天下人=秀吉」と利休との関係は、こういうものだったのかも知れないと納得させられる内容でした。秀吉にとりたてられ、天下一の茶人となった利休は独自の審美眼により秀吉やその他の多くの武将たちをとりこにします。しかし、それは図らずしも信長が始めた「お茶湯御政道」を後押しする形になりました。この本に出てくる武将たちと利休はそれぞれ、秀吉が繰り返す朝鮮出兵により国内が疲弊していく様子を歯ぎしりする思いで見ています。利休は決して茶の湯のみに生きた男ではありませんでした。また茶人武将の牧村兵部・瀬田掃部・古田織部・細川忠興、そして山上宗二の利休に対する敬愛と複雑な胸中が描かれていて、とくに「瀬田掃部(かもん)」の編は、菊池寛の「形」を読んだようなラストで余韻が残りました。マンガ「へうげもの」を読んでいたおかげで、人物と場面が容易に想像できて2倍も3倍も楽しめた気がします^^
posted by のん吉 at 13:49| Comment(0) |  ●何度も読み返したい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

『あきない世傅金と銀』 田郁著 16/02

あきない.jpg 大阪の天満を舞台にしているので、出てくる地名も楽しみです。大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになった幸は、学者である父の知もありメキメキと才を発揮して番頭とお家さんの富久に見込まれる。2巻では、お店再建の立役者として、色狂いの阿呆ぼんの後添えに選ばれた幸が商に目覚めていく様子が描かれている。次々と襲いかかる試練を幸がどう乗り越えていくのか、ほのかに幸に想いを寄せる次男の存在もあり、3巻以降も楽しみです。
posted by のん吉 at 17:37| Comment(0) |  ●手軽に読める一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』 清水 潔著 新潮社 13/12

殺人犯.jpg うわさの「文庫X」の中身がこの本ということを知り、読みました。群馬と栃木の県境で起こった、少女5人の連続殺人事件。犯人がすでに捕まっているものもあれば、未解決のものもあり、それまで別々の事件として処理されていたものを、ジャーナリストの清水氏さんは同一犯の犯行という考えに基づき、丹念な取材によって証拠を突き止めていく。犯人として挙げられていた菅家さんを冤罪から救い出す過程、そして真犯人に近づいていくにつれて警察や検察の密室での取り調べ、自白の強要、杜撰なDNA鑑定が明らかになっていく。非常に読みやすい文体なので一気に読めます。
 一介のジャーナリストが、自分の伝手を駆使して、テレビを動かし、国会議員を動かし、冤罪で死刑囚だった管家さんを救い出す場面は圧巻ですが、犯人を特定しつつも警察に握りつぶされるラストからは無念さが伝わってきます。自分では絶対に手にとらないと思われる本なので、読む機会ができてよかったです。
posted by のん吉 at 17:02| Comment(0) |  ●視野が広がる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

☆2016夏休みの読書☆


 おかげさまで夏休みでリフレッシュし、「本を読みたい」という気力が
戻ってきました。夏休みで読んだ本・買った本をリストアップしました。
2学期の目標は”授業内でのブックトーク”。そのため、これからはYA本
の読み返しが続きます。本が書架からあふれだし、どうしようかと思案中です。

【教材・ブックトーク用】
・満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの四字熟語かるた
・中学入試でる順過去問ことわざ・語句・文法合格への1190問 3訂版
・「文豪」がよくわかる本  福田和也:編
・強く、潔く。 夢を実現するために私が続けていること  吉田沙保里:著
・世界でいちばん貧しい大統領からきみへ  くさばよしみ:編
・鋼のメンタル      百田尚樹:著
・読めば読むほど面白い「古事記」
・図解!地図とあらすじでわかる古事記・日本書紀  鈴木靖民:著
・蝶々はなぜ菜の葉に止まるのか 稲垣栄洋:著
・月光の夏       毛利恒之:著
・自然をつかむ7話   木村龍治:著
・幸せはあなたの心が決める   渡辺和子:著
・学校がアホらしいキミへ   日垣隆:著


【自分の楽しみ用】
・無常という力〜「方丈記」に学ぶ心の在り方  玄侑 宗久:著
・最高齢プロフェッショナルの教え  徳間書店編集部
・四月天才       小泉 吉宏
・月読ー自選傑作集   山岸 涼子
・新しい道徳      北野 武
・竜と流木       篠田 節子
・初恋料理教室     藤野 恵美
・総選挙ホテル     桂 望実
・帝国の女       宮木 あや子
・どんぐりのリボン   田辺 聖子
・冷たい方程式     トム・ゴドウィン



posted by のん吉 at 23:01| Comment(0) | 教育関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

『あなたを変える枕草子』 清川 妙著 小学館 13/03

 あなたを.jpg母から薦められて読みました。
清少納言の繊細な感性、細かな気づきを一つ一つ丁寧にとりあげて紹介しています。清少納言が好きな人は、作品はもちろんのこと、清少納言の性格そのものを愛しているように感じます。新しい発見をしたときの喜び、気の利いたやりとりができたときのうれしさ、そして定子に対するそこはかとない敬慕の念と、辛いことは書かないという徹底した潔さ。それらが、清川さんの説明から感じ取ることができます。「あなたを変える」かどうかはわかりませんが、『枕草子』と清少納言がますます好きになりました。
posted by のん吉 at 15:45| Comment(0) |  ●視野が広がる一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする